STORY




2010年私たちは沖縄県那覇市にカウンター10席だけのお店「TRATTORIA Lamp」を開店しました。

店名の「Lamp」には、華やかでも最先端でもなくていい、気持ちが暖かくなる料理を食べて頂きたいという想いを込めました。

席数は10席のみ、当時カウンターのみでおまかせコースを出しているイタリアンはまだ沖縄には珍しく、程なくして「予約が取れないお店」と言われるようになりました。
開店前年に長男が生まれていたこともあり、なんとかして店を軌道に乗せようとお客様からの要望があれば定休日でも店を開けて対応し、早朝の仕入れから、営業後の片付けまで、おそらく全ての開業経験者がこのフェーズを乗り越えてきたんだと妻と互いに言い聞かせながら日々を重ねていました。

お客様は来店して下さる。

店の中は笑顔で溢れている。

それとは反対に私たちは疲弊し、家庭から笑顔が消えていきました。

その一因となったのが家での食事だと思います。

まだ長男が幼かったこともあり、育児と店舗運営を両立させるには物理的に時間が足りず、お客様にお出しするお料理には手を抜かず仕入れと仕込みをしっかりする反面、自分たちの食事は、深夜のコンビニ弁当、冷凍食品、買ってきた弁当などが中心でした。
長男にまで買ってきたおにぎりをつぶして混ぜご飯風にしたものをそのままあげたりしてました。

あの頃の家族写真の私たちは、笑っているがどこかに陰りがある。

「このままでいいのだろうか。」
「もっとちゃんとしたい。」
「こどもがかわいそう。」

その気持ちがどこかにある。

変えたい!と思った私たちは、家族の食事を見直しました。
質素でもいい、簡単でもいいから家族のために手作りの食事を作ることから始めました。

全てを一気に変えることは難しいけど、今日たった一つのチャレンジをすることならできるかもしれない。

「今日は特別に大好物のコーンを。」
「辛いのは苦手だから少し甘めに。」
「いつもお疲れ様。」

手作りの食事には「相手を想う気持ち」が詰まっています。

私たちが用意する品には、少しの「すきま」を作ってあります。

その「すきま」に「相手を想う気持ち」を入れられるように。

使った食材はあなたが知っているものだけです。
あなたが作るのと同じ作り方で、ちゃんと作りました。
特別な食材ではないのかもしれませんが、家族の味になります。
旨すぎません。
余計なものは入れていないので長持ちもしません。
常温保存もできません。
色々と足りない事が多いです。

食で未来は変えられないという人がいます。

だけど私たちは変えられると信じています。

食は人を笑顔にする、
笑顔が増えると人は前向きになれる、
前向きな人は世界を変える力を持っている。

美味しいものを食べて、家族で笑顔になりましょう。


Lamp okinawa
上江田崇